道場入門前夜の物静かなる最後の晩餐と家庭のまどい

長々で箱詰めはホームセンターに行かずとも有り合わせのものだけで事足りてしまった。
 父さんが帰るとわたしは取り敢えず、明日から道場で寄宿する意図を話した。
「くどいようだが、再三人様にバルクだけは張るな」
やっぱり、正には釘を刺されるのみだったが、わたしは昔からお子さんの真意を八、九聞かぬ父さんの小言を逐一正に受けないことにしていた。そんなにでもしないことにはやっていけないからです。
「にしても、Iが農業ですなんてね」
 父さんとは要因類に、奥様は私の入門に対してはあらかた同意の体制のようだ。
「俄かには信じづらい発言ですな」
 父さんの嫌がらせをよそに最後のディナーを平らげたわたしは、慌しいテンポで風呂場へ伺うと風呂に潜った。
見上げた限界のはるか先に、これからの生涯が漠然と浮かんでいた。
 風呂上がりにリビングを横切って地位のお客様へ通うと、父さんが未だに新聞紙と格闘し、眉を顰めていらっしゃる。見る限りではほとんど人前件の政治欄だろうか。すっかりと見飽きた景色だが、父さんの荒々しい表情を目の当たりにする度に依然緊張して仕舞う自分がいらっしゃる。