途端にあせりだして不器用な親切心を挙げるT・M

ぼくは慎重に文句を選んだ。
「私もN・Tも、M・Tとは幼馴染みでさ。M・Tは目下、男子が亡くなったんだ。先方も本日、精神的に手狭はずだから無理して仲良くする必要はないかもしれない」
 内容に耳を寝かせる出方は幾分あるものの、T・Mはぼくとは瞳をあわせずに苦笑をやる。
「でも、やつは低い商品じゃないんだ。少なからずぼくにとっては。これだけは分かってほしい」
 一方みたいでいて、とても身勝手な付けにT・Mは仕様なさそうに頷きながら報いる。
「なるほど、それは自分から聞きました。あと、俺も父兄、亡くしてるんで。それも、とっくに」
 感情のない凍てついた語気だった。ぼくは引き戻す文句がなかった。
「とりあえず、こういう客間には、いつでも来て下さい。あと、仮に良かったら、コミックでも貸しますよ。上の棚にあるのが集英社、下半は講談社、秋田書店……」
 気に障ったかと思えば、T・Mは何としてでもぼくをこういう立場に留めておきたいみたいだった。M・Tの話題になると、今にもぼくが自分のもとを離れてM・Tのところへ行ってしまわないか気が気でないのだろう。途端にあせりだして不器用な親切心を垣間見せるT・Mは意外にも分かり易い性質だった。