物語のラウッツの村に入ってからの話などをします

ラウッツは、とても小さな村で、ゆっくり歩いても、すぐに、はしからはしまで、移動できるほどの、小さな村です。そこで、村の右下辺りの場所で、ようやくぺットの迷子の歩ルースを見つけることが出来ます。ポルースは、迷子になって探されて心配かけたのに、何かあったんですかみたいな感じで、主人公たちの様子を見ています。どちらかというと、内容のわりには、いつもと変わらないそぶりを見せたりもするのですが、そういうとこが、いかにも、動物らしさなのかも知れない、動物に、人間と同じことを求めても、無理な部分が、たくさんあるのも当たり前だし、人間と同じことを、求めるべきではある意味では、ないのだけれど、生き物であることの共通の意味と同時に、性格とか、感情がそれぞれあるし、生きることに、頑張っていたりもする。ただ能力の点が、あまりにも違いすぎる、だからそれに適した見方を、すればいいと、主人公は、そう言うです。メンバーの一人が、私もそう思いますと言い、主人公たちは、安心と同時に、少しあきれていますミュゼ 店舗移動